作品No.34 2011年11月3日公開
大阪府  FUNNY製造部
デザイン、カービング、染色/久保孝博 様
仕立て/中元新介様  塩谷真人様
作品名:Carpe diem



『Carpe diem』について

私の好きな言葉の一つで、古代ローマ時代の詩人であるホラテウスの有名な詩に登場する言葉です。
意味は『今日と言う日を大切に生きよう』という意味ですが、時代時代で色々な解釈をなされているので、別の解釈も沢山ある様です。
(時代によっては『享楽を感受しよう』と取られていた事もあります)
共通するのは、色々な時代において芸術(音楽含む)に携わる沢山の識者がこの語句に意味を見出し、文化活動に生きる道を見出したと言う事です。

メッセージ

レザーカービングを失う・・・我と我が身に置き換えて考えた時、あまりにも大きな喪失感と絶望にめまいを感じる程でした。
無論、自らの命や愛する方々の命、住まいや仕事を失われた方々からしてみれば、『たかが手遊びが出来ない事くらいどうだと言うのだ』とお感じになられるかも知れません。
しかし、そのたかが手遊びによって生計を立てておられた方々、日々の生活に彩りを添えられていた方々、それぞれにレザーカービングを通じて生きる甲斐を少なからず感じておられたとすれば、手遊びの存在意義のなんと大きな事か・・・

人はいかなる環境に置かれても文化を忘れては人として生きては行けません。
且つて、過酷な自然環境で日々の生活を送っていた西部のカウボーイ達が手遊びで生み出し育んだ、素晴らしいこの文化・・・
どうか、この文化を諦めずに共に未来へ紡ぎ続けて行きましょう。

2011年11月
久保 孝博

---------------------------------------------------------------------------------------

久保氏はFUNNYという企業の社員という立場上、原則として彼自身の技能を個人的な活動に使う事は許可されておりません。
しかし今回の企画に参加すべくFUNNY社の社長である北浦隆行氏に許可を申請したところ、北浦氏自身にもこの企画に賛同をいただき、同じく賛同の意思を持った久保氏の直属の部下である中元氏、塩谷氏との共同制作を許可されたそうです。
以上のような経緯で、FUNNY社挙げての賛同、参加と解釈し、上記のような作者名の掲載とさせていただきました。

FUNNY社のホームページはこちら